鶴屋開店休業回転ベッド

あたしの創作世界の基盤。だけどとてつもなくフレキシブルでヨレヨレにブレてる。キャラが勝手に動くんだ♪

加奈子とバカ一郎

「牧瀬!ちょっと来い!」 熊谷コーチが加奈子を伴って柔道場を出る。 熊谷コーチはにかっと笑うと 加奈子の耳に近づいた。 「来週の日曜、おまえんとこご挨拶行っても いいか?都合聞いといて。」 「わかった。でもいいの?また大学の四年間 嫁らしいことな…

加奈子姉さん

女って狂うと怖いね。 殴り倒すわけにはいかないし 言い負かすなんて不可能。 だって、人の話なんか聞かないんだから。あの赤井瑞穂の一件では あんなに話が大きくなるとは 思ってなかったから あの時にあっさり手を引いたのは 早計だった。 赤井は真利村が…

懐くとかわいくなってきます 2

藪にらみ。 阿部の目付きが激しくなってきた。阿部と二人でいても、努は俺を見ると こっちに可愛い笑顔をおくり、無理のない 距離なら俺のところにきて撫で撫でを要求。 ふた撫ですると満足して阿部のところに戻る。 その時の阿部の目がね。 怖いなんていう…

懐くとかわいくなってきます 1

努が心を許した相手には とことん懐くというのは 美月を見ていると薄々わかるのだが。 まさかこんなに懐くとは思わなかった。 「せんせ。さよなら。」 放課後廊下ですれ違うと、かわいい顔で 手を振ってくる。 少年とはいえもう高校生だ。 まだ男性ホルモン…

努とその恋人の少年 ※R15

佑樹は至って普通の男だ。 なのになぜ、俺をパートナーにしたのか。佑樹ははじめ、嫌なやつだった。 隣のクラスになった中三のとき 佑樹は俺を蔑むような目で見ていた。 そのたびに俺は悔しい気持ちが もやもやと胸を支配し 結局俺の方から目線をそらすこと…

佑樹と努 ※腐R15 BL注意

俺はもう努に夢中だった。 これ以上好きになったら 何をどうしたらいいか 分からなくなりそうで怖かった。あいつの体中にキスをしていたとき 欲しくて堪らなかったけれど その反面とても不安で。 俺は同じ男であるこいつを大切に 守ってやりたい、そして自分…

賞平と努

「なんか、俺。努に嫌われてる。」 賞平も毎年大勢の生徒たちを教えている。 いちいち生徒の誰からどう思われてるか そんなことを気にしていたらきりがない。 そんなことは嫌と言うほどわかっている。 なぜ、努のことがそんなに気になるのか。「そりゃ、なん…

女と男

「朱美は歩があんまり刺激的すぎて、 少しばかりイカレちまってるのかもね。 以前はもっとさっぱりした娘だったよ。」 産休を半年残しているのに 学校で後輩の松田ちゃんの悩みをきいたりと ちょくちょく準備室に来る美月。 双子の息子たちは、実家のお母さ…

賞平と朱美と鬼畜

朱美は毎度のことながら治まらない 彼の浮気に憔悴しきっていた。 ため息、出る出る。 自然とうつむき加減になる。 一目で元気がないとわかる。担任の坂元賞平は迷っていた。 だいたいの事情は努ソースの美月経由で 承っているのだが、賞平は朱美の相談に 乗…

界ロンさんありがとう。

アメブロでいつもコメント返しが 美しい界ロンさん(ノ´∀`*) またも美月を描いてくださったので ここからまた歩のお戯れを。 界ロンさんのコメント返し(もう美月が大人の 女性で凛としていいっす。)↓こちらから http://s.ameblo.jp/lonon-2/entry-1205937345…

たまに見る夢

たまに見る夢は。恥ずかしい。 いつもあの人をつかまえて 肩から押し倒す。 俺は、この体勢でいろんな女の表情を 見てきたのだ。 あの人の瞳は決まって 俺のことを真っ直ぐにみつめてくる。 俺はなんとか誤魔化したくて なんとか感じさせて女にしたくて あの…

産休の美月と歩

努と朱美

「またなの?そのたんびに俺のとこ来んの やめてもらえないかな。」 俺たちは高等部に上がり、俺と歩と佑樹、 朱美も一緒のクラスになった。 担任の先生は一度、美月先生が新婚旅行中に 授業をしに来てくれたこともある坂元先生だ。 美月先生と坂元先生の仲…

美月と真利村兄弟 卒業祝い

賞平と華秋

俺が新任の年。 一緒に入学した一年生を担任することになった。 その中に俺の妻となる美雪もいたのだが それはまたの機会の話としよう。学校の近所に大きな煙突の銭湯があり 引き戸の入り口には小さなタイルが 貼られていて、年季の入った施設の 一つ一つに…

佑樹とけあき

相模華秋。さがみけあきとは俺の姉ちゃんだ。 俺が小学校三年の時に死んじまった母ちゃんの 代わりにずっと一家の主婦として働いてきた。 うちは昔っからの銭湯だ。 親父を手伝って銭湯のおかみさんになり 家に帰れば主婦となり 俺の母ちゃんの役までやって…

美月と明

美月にはホモセンサーでもついてんのかよ。 俺は聞こえないように悪態をついた。 修司と行彦と三人でかわいい下級生の男子を 捕まえて感じさせていると、必ずと言って いいほどに美月と出くわす。美月は担任の先生だ。 サッカーが大好きで、くそ生意気に オ…

関明 ※R15

俺は自分は趣味趣向が幅広い 二度美味しい男だと思うことにしてる。 歩にそういうと鼻で笑われた。 あいつは冷たい目で俺のキスをかわした。 俺は先輩とするつもりはないよ。 あんたは努のだ。 この双子はそういう取り決めでやって いるだけだろうけど。なん…

明とかおる ※R15

明は二つ年上の幼なじみである。 あたしが12のとき、あいつの部屋に 勉強を見てもらいに行ったら ベッドの上で男の子と裸でプロレスをしてた。 これは大笑いしながら本人が言ったこと なんだけどね。古代ローマではオリンピック の競技を全裸でやったって。…

パパとママ

俺も努も普通じゃない。 うちの姉貴も中学の時は男関係わやくちゃな 不幸体質絵にかいたようなダメ女だったし それでも人はなんとか身の丈に合った 幸せとか手に入れて行くものなんだな。 姉貴にはシャイボーイが彼氏になったし 努にはちゃんと愛し合える男…

歩と朱美(美月と真利村兄弟13)

もう周囲には 「歩と朱美は恋人同士」 という認知はだいぶ拡がっていて 二人はいつも一緒にいたし 仲睦まじいのだと誰もが思っていた。 お忘れの向きもあろうが 歩はバイで鬼畜なのである。 女は初めてだったが その肉棒は男を虜にしていた時期も あれば、男…

綺麗な花には棘がある4(美月と真利村兄弟12)

美月は容赦なく顔面に蹴りつけ 鞠を弄ぶように足先で回してうつ伏せにした。 男がサバイバルナイフを動かそうとする 手をまた上から思いきり踏みつける。 「さあ。ぼくちゃん。危ないですからね~ こんなもの、ナイナイしましょうね~」 美月はサバイバルナ…

綺麗な花には棘がある3(美月と真利村兄弟11)

瑞穂は気が狂いそうだった。 なんとかあのホモを辱しめる方法は。女なら、彼氏の目の前で回してやれば 手っ取り早い。 阿部には手を出したくなかったが この際仕方がない。 放課後いつも一緒にいるのがいけないの。 あんなにやさしくしてるのがいけない。 あ…

綺麗な花には棘がある2(美月と真利村兄弟10)

瑞穂は柔道部の牧瀬加奈子と 剣道部の三田かおるに 努を襲わせることにした。 あんなひょろっとちっこい男なんだから この二人で十分だと思ったのである。 女同士なら茶巾寿司にしてパンツも脱がせ 校庭に放り出せば良い。 でも、男ってどうするんだろう。 …

綺麗な花には棘がある (美月と真利村兄弟9)

美月が亮と結婚して 左手薬指にマリッジリングなんか嵌めて 南国マリンスポーツ三昧の新婚旅行から 戻ってきた。歩は美月に辛く当たることがなくなったし 努は阿部との仲を少しずつだが暖かいものに してきたようだった。 いつも努を迎えにくる阿部の手が や…

鷺沼美月と真利村歩 (美月と真利村兄弟8)

歩と歩と歩 (美月と真利村兄弟7)

たまげた。 美月先生って学生時代からずっと 同じ彼氏とつき合ってて 交際8年でゴールイン!の 幸せにはずっと不自由してなかった 勝ち組女子だったんだねー。 知らなんだ。俺は中1からずっと理科の先生で 今年担任になったこの名前だけ女の ガサツとも言…

失恋と慰め (美月と真利村兄弟6)

「キス、してよ。」努は本当は抱いてほしいと思った。 言えなかったのは、綺麗事でもなんでもなく 滅茶苦茶にして忘れさせてなんて あんまりだなって思ったからだ。阿部は自分を好きだと言ってくれてる。 心配してくれて、何か出来ないかと 俺の手を取ってく…

長内先生と努と阿部っち (美月と真利村兄弟5)

歩がニヤニヤしながら努の部屋に来て 言った。美月先生もメスだね。 歩の言い方がねっちねちで努はそちらに 嫌悪感を覚える。だって。今日帰りに食堂の前で会ったらさ すっげえ短いスカート穿いてたぜ。 きっとあの足を男に可愛がらせて、 股の間からメスの…

美月と歩に努と阿部っち (美月と真利村兄弟4)

「まだ、怒ってんのか。」 キスは上手いのに、どMのことが 何一つわかっちゃいない残念なやつ。 隣のクラスの阿部佑樹だ。 続きは一応したかったみたいだが、 俺の怒りが冷めるのを待っているとか いかにも殊勝なこと言ってる。 ところがどっこいだ。 俺はど…

美月と歩と朱美と南京錠 (美月と真利村兄弟3)※R18

「先生もそんなスカート穿くんだ。」 歩は土曜日の放課後、食堂の前で帰り支度 をした美月を舐めるように見て言った。 「土曜の午後くらいはね」 美月は鼻も掛けない。 歩はわざと下品な笑みを浮かべて言った。 「抱いてやるよ。この足なら合格だ。」 先生も…

美月と歩と努 (美月と真利村兄弟2)

「余計なことしてくれたよね」 歩は美月が一人きりでいる頃合いを みはからって準備室にやってきた。 「あれは先輩とのレクリエーションさ。 俺が企画してやってあそこまで 段取った。努だって楽しみにしてたんだ なんだってよく確かめもしないで 正義と悪を…

美月と努と歩 (美月と真利村兄弟1)

「ねえ、努?関先輩OKだって」 俺ははしたないことに、即座に自分の 下半身に先輩が侵入してくる様子を かなりリアルに想起した。 胸が(本当はもっと下が)くうっと 熱くなる。 「この間、お前阿部にちょっかい 出されてたじゃんか。あの時のテープ 聴かせた…

美月と亮 プロポーズ大作戦8

「どうもありがとう。」 タクシーを降りた俺たちは、 腕を組んでホテルに入った。 「うふふ。知らない土地だと大胆だね。」 美月は俺の腕に抱きつくように絡みついてる。 部屋に入ると、靴も脱がないうちからキスの雨。 「亮う。ンふ。大好きい。」 美月から…

鶴屋サイドのつぶやき

自分のキャラのことは 自分で決められるとおもうでしょう? 違うんだね。これが。 奴等勝手に動くんだ。